タクシーなんてやな、メーター入れて集金さえしてくれたら誰でもええんや(ハゲ部長談)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

流れが来ているのかな

朝、どうしても用を足したかったので、ビジネスホテルに駆け込んだ。

フロントは無人だったのだが、そのまま出ては悪かろうと、ジュースを買って出ることに。

フロントのところで、「すみません」

との声

大「申し訳ないですが、私はホテルの従業員ではないんですが、、、、」。

お客様「代行お願いしたいんですが」

どうやら、他社に断られて私のあとをついてこられた様子。

日ごろお世話になっている班長氏に、即電話し、自社代行を行った。

売上折半、手当て500円現金支給。

朝一の閑散時間だったため、班長氏にも喜ばれ、お客様にも感謝された。

班長がタクシーを運転、私はお客様の、業務用のMTの軽のバンを隣の市まで誘導した。

それから班長は、いい流れが続いたと帰庫後聞かされた。

私も玄関駅から隣の県までの、仕事が舞い込みびっくりした。

また、そこの県の駅でもタクシーの空車がなく、乗せてくださいと頼まれたが

地域外営業になるので、丁重にお断りした。

残り1日残して、今年の最高の月売上達成した。

しかし今年はきつかった、スランプにもはまり。

あと1日のんびりかみ締めてやりたい。

スポンサーサイト

このページのトップへ

26日午前4時から、有線の季節チャンネルが、クリスマスソングから正月用の曲にかわった。

年末モードへ

25日は全国的な雪もあってか、出足も鈍く、閑散とした日となった


26日の泊まり、なんとか自分の日目標ができれば1月以来の大台に乗る可能性が高まる。

毎日6つ(最低~最高)の数字目標を立て営業をするようにしてから、数字が回復してきた。

この夜も、仮で使える駅の近くの車庫をうまく利用しながら、明け方までほぼノンストップ。

忘年会のピークだったようだ。

自己目標の2倍以上の数字をあげることができ、回数も大台。

自分に褒美をとホテルを予約したが、さすがに帰ってから移動するパワーもないくらい困憊していたので、

キャンセルさせていただき、次回とする。

今年もあと4日か、、、早い、、、。

このページのトップへ

カウントダウン

忘年会のMAXが22日に訪れ、あとは少しずつ年末に向かう。

明けて24日は休み。

親族とクリスマスパーティーしました。


DSC_0008.jpg

いろんなことがあり年収も3割ダウン、、、、。

昨日20年ぶりにお客として出会った同級生が

「今、住む家のあるだけでも幸せと考えよう」

この言葉にずしりときました。

今年残り4乗務、走れる幸せ感じて、変わらぬままで。

このページのトップへ

大詰め

忘年会シーズンもあと少し。

今年は、動きが幾分鈍いような、、、、。

そんな中でも、自分の得意とする、21時以降の、繁華街での流し獲得作戦でスコアメイク。

うちの車庫へ来られるのはうちのお客様なので、仲間に任せる。

繁華街の共同の乗り場で乗車を得るのは、仕事の獲得。

深夜にかかる勤務があと3回あるが、この方法で仕事は自分で見つけようと思う。

このページのトップへ

よく考えたら給与+賞与

どうりで、買い物に行かれるお客さんや、サービス業の友人の顔がほくほくしているわけだ。

大吉、賞与算定期間の、3月から8月まで、正規ノルマの達成ゼロ、内勤査定もマイナスのため

賞与はなし。

次の春には新しいお仕事の話もいただいているが、今は、目の前にある仕事を楽しくクリエイティブにやるのみである。

このページのトップへ

タクシー会社の給与の謎、、、、。

久しぶりに歩合達成後の給与

明細を見ると巧妙にできている。

調整金、減給、加給

単純に総売上(税抜き)にある%かければ総支給になるようにできている。

それが県の最低賃金割り込まないように。

みんなそこに気づくまで、毎給与ああだのこうだの言うのであろう。

単純にノルマを達成すれば、欠勤の控除もなく、事実上完全歩合に化けるわけで、

そうなれば今月もかわらず秘伝の立ち回りで走り回るだけである。

このページのトップへ

ノンストップ、ダウン、、、、。

忘年会シーズン本格的突入の初の12月夜勤

16時開局から、ほぼノンストップ12時間

翌朝7時の帰庫 回数は自己新記録。

ただし2日間の乗務で休憩をきっちり取っていないので、1日調整休暇に。

ノンストップは帰ってからさすがにダウンしました。

街に活気が戻ったなと実感の1日。

1年半ぶりにフロアのマニュアル車に乗りました。

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。